smile顔のボール

子供に英語を学習させること

 

特に小さいうちから英語を学ばせること

 

については、いろいろな意見がありますよね。

 

私自身が子供英会話講師をしていた経験と

 

自分の娘に英語を学ばせてきた経験から

 

子供のうちから英語を学ぶメリットについて

 

思うところをお伝えしていきます。

子供のうちに英語を学ぶメリット

発音がよくなる

英語

私の経験上

 

発音が良くなるというのは確かです。

 

特に、音を聞き分けるのが難しくなる

 

10歳くらい(臨界期)までに

 

正しい英語の音声を聞かせてあげる

 

というのが大切なのかなと思っています。

 

英会話教室で講師をしていたときも

 

幼稚園とか小学校低学年くらいまでに

 

英語学習を始めた子供は発音が良かったですね。

 

小学校高学年になって

 

初めて英語を学習するという子供だと

 

日本語的な発音が気になりました。

 

高学年になればなるほど

 

英語らしく発音することに

 

照れや恥ずかしさが出てきてしまいます。

 

そのことも正しい発音の妨げになるかもしれません。

 

発音は早いうちに英語学習を始めることで

 

かなり良くなるように感じました。

 

発音面は大きなメリットだと思います。

英語に対する違和感がなくなる

今の日本では小学校で英語の授業が始まりますし

 

入試にも、そして社会人になってからも

 

何かしら英語と付き合わなくてはなりません。

 

どっちにしても英語と向き合うのだから

 

早めにその機会があってもいいんじゃないか

 

と私は思っています。

 

習うより慣れろということばがありますが

 

小さい頃から英語の絵本を親に読んでもらったり

 

英語のDVD(アニメ映画など)を見たり

 

英語の歌を聞いたりして

 

英語に楽しく触れていれば

 

英語がすごく特別なとっつきにくいもの

 

という感じはしなくなります。

⇒子供に英語への興味をもたせる方法とは?

英語が自分の自信になる

私が娘に英語を習わせてみて

 

一番感じるメリットです。

 

娘は今小学校6年生です。

 

英語には、娘が赤ちゃんのときから

 

絵本の読み聞かせをしたり

 

英語のDVDを見たりして触れてきました。

 

英会話教室にも通っています。

 

教室の先生には

 

「○○ちゃんはとても発音がいいね」

「長いセンテンスもしっかり言えるね」

 

と褒められるので

 

娘としてはいい気分みたいです。

 

はっきり言って井の中の蛙ですが

 

本人の中では

 

自分は英語ができる!

 

と思っているので

 

それはそれでいいのかな~と思っています。

 

英検にもチャレンジしましたし

 

海外へのプチ留学にも興味を持っています。

 

性格的には引っ込み思案で

 

とても心配性な子なのですが

 

英語に関しては、なかなか積極的なところを

 

見せてくれます。

 

子供にとって

 

「自分はできる」

 

という自信はとても大切です。

 

例えば、中学校で英語の授業が

 

本格的にスタートする時にも

 

自分は英語を知っているんだ

 

という気持ちがあるだけで

 

心理的な負担が減り

 

授業中の態度も学習への取り組みも

 

大きく変わるでしょう。

この記事も読まれています