どっちを選択するか

小学生の習い事として人気なのが「英語」。

 

英会話スクールや英語塾などに通うお子さんが

 

ここ数年ぐんと増えていますね。

 

今回は、習い事として英語を選択する際に

 

注意すべきポイントについてお伝えします。

小学生の習い事に英語がなぜ人気なの?

こちらを見る外国人の男の子

2020年に日本の英語学習が大きく変わります

ご存知の方も多いと思いますが

 

2020年には

 

「新学習指導要領」が小学校で全面実施されます。

 

これまで5,6年生に外国語活動が行われていましたが

 

5,6年生は英語が正式科目になり成績もつきます。

 

そして3,4年生に前倒しをして外国語活動が

 

始まるようになります。

 

中学・高校の授業は

 

基本的に英語で行われることになります。

 

高校ではスピーチ、プレゼンテーション

 

ディベート、ディスカッションも行っていきます。

 

さらに「大学入学共通テスト」も実施されます。

 

今までのセンター試験では

 

英語は「聞く」「読む」の2技能評価でしたが

 

大学入学共通テストでは

 

「聞く」「読む」「話す」「書く」の

 

4技能で評価されます。

 

特に自分の考えを表現できるような英語力が

 

重要視されているのが特徴です。

 

英語の試験には民間資格や検定(英検やTOEICなど)も

 

活用されます。

 

すごくないですか、この改革!

 

今現在小学生の子供たちの後ろには

 

英語教育の大きな改革がひかえているんです。

 

小学生の習い事として英語が上位にきているのは

 

納得できますよね。

 

小学生の英語学習に大切なことは?

今後の教育改革を見据えると

 

「聞く」「読む」「話す」「書く」

 

という4技能を身につけることが大切になります。

 

ただし注意すべきことがあります。

 

それは英語学習の順序です。

 

私たちが日本語を習得した時のことを

 

思い出してください。

 

お母さんや周りの人の言っていることを

 

聞きながら少しずつ言葉を話せるように

 

なりましたよね。

 

読んだり書いたりというのはもっと後ですよね。

 

英語学習もこれと同じです。

 

英語の音を聞くことから始め

 

話す⇒読む⇒書く

 

という順番で学習するのが

 

最も効果的と言われています。

 

これまでは中学校ではじめて英語に触れる

 

という子供も多かったのに

 

いきなり英語を読んだり書いたり

 

しなければならず

 

「英語って難しい~!」

「全然わかんない~・・・」

 

なんてことも多々ありました。

 

それで小学生のうちに英語の音に

 

慣れることができるように

 

外国語活動が始まったという経緯があります。

 

小学生の英語学習は「聞く」「話す」から

小学生で本当にはじめて英語に触れるのなら

 

聞く・話すを主体にした

 

英会話スクールや英語教室を選びましょう。

 

その後高学年になるに従い

 

読む・書くも徐々に学んでいくとよいと思います。

 

小学生で音声面の英語学習を続けていけば

 

必ず文字にも興味が出てきますよ。

 

うちの娘が良い例です。

 

今5年生なのですが、英語の本を読みたい

 

と言うようになりました。

 

英検にもチャレンジしています。

 

娘は以前は英会話教室にも通っていたのですが

 

私の送迎の都合や部活・他の習い事との

 

兼ね合いで、通えなくなりました。

 

せっかく英語学習を続けてきたので

 

このまま何もやらないのはもったいないと思い

 

ネットでもできる英語学習というのを探しました。

 

今現在は

 

ベネッセの「チャレンジイングリッシュ」

 

をやっています。

 

好きな時間にできて送迎の必要もない。

 

共働きの我が家にはとても合ってます。

 

最初にレベル決めテストがあり

 

そのレベルによって4技能への取り組みも違ってきます。

 

娘は最初は読むのを苦手としてましたが

 

最近はぐんぐん力をつけてきました。

 

ちょっとしたゲーム感覚でできるのも

 

気にいっている理由の一つです。

 

小学生の英語の習い事で迷っているあなたに

 

是非おすすめしたいです。

↓ ↓ ↓

小学生の英語学習に「チャレンジイングリッシュ」

 

この記事も読まれています