絵本を読む子供たち

小学生の英語力をつけるのに

 

「英語本の多読が良い!」

 

とよく言われますよね。

 

でも、実際に本を手にとってみて

 

「あか~ん!!」

 

となりませんか?

 

英語を始めて学ぶ子供にとっては

 

英語の本って

 

けっこうハードル高めなんですよね。

 

でも大丈夫

 

漫画という手がありますよ!

小学生の英語学習に漫画がおすすめ

絵本を読む男の子

英語に興味をもたせよう

小学生になって

 

はじめて英語を学ぶ場合

 

大切なのは英語に興味をもたせること。

 

興味や関心がなければ

 

やる気になりませんからね。

 

本を読むのがいいからといって

 

いきなり字ばかりのものを与えても

 

ちんぷんかんぷん。

 

かえって英語に対するマイナスイメージを

 

植え付けてしまいますね。

 

そんなときに役立つのが英語漫画。

 

基本的に漫画は

 

絵を見ていればストーリーを理解できます。

 

なので、たとえ英文がしっかり読めなくても

 

なんとか大丈夫なのです。

 

できれば、小学生に人気のある

 

漫画がいいですね。

 

因みに英語絵本も同じです。

 

楽しく英語を理解できますから。

 

参考:小学生向け英語絵本のおすすめは?

英語漫画のおすすめはドラえもん

小学生がよく知っていて

 

好きなキャラクターといえば

 

ドラえもん。

 

実は、ドラえもんには英語版が出ているのです。

 

例えばコレ。

英語版ドラえもん

英語版ドラえもん中身

小学館から出版されています。

 

中身はこんな風に

 

英語のセリフの上に日本語訳がついてます。

 

「え?」というのは

 

「What?」なんだ~。

 

というのがわかったりします。

 

こういう発見が大切!

 

誰から教えられるでもなく

 

自分で知ることができた

 

こういうのが大切なんですよね。

 

小学生にとっては良い勉強になると

 

思います。

 

英語ばかりで読み進めるのは

 

ちょっと辛いけれども

 

これなら日本語と英語を比べて

 

楽しむことができますよ。

 

ドラえもんで

 

もう1つのおススメがこちら。

↓ ↓ ↓

セロから始める英語

 

小学館の「ゼロから始める英語」です。

 

ゼロから始める英語中身

 

どこでもドアでアメリカに行って

 

帰れなくなってしまった

 

のび太とドラえもん。

 

身振り手振りやカタカナを使ったりして

 

何とか言いたいことを伝えようとする

 

のび太とドラえもんが描かれています。

 

また、アメリカという国について

 

詳しく説明してあるページもあり

 

英語という言葉だけでなく

 

英語が使われている国の文化についても

 

触れているのがいいな~と思いました。

 

英語をはじめて学ぶ小学生にとって

 

「英語」という言語はピンとこない

 

かもしれませんが

 

この本を読めば

 

言葉の背景や文化まで

 

知ることができるんですよ。

 

「英語っておもしろいな」

 

「アメリカに行ってみたいな」

 

そんな気持ちになれる本です。

 

2020年からは

 

小5から英語が教科になります。

 

科目の一つとして嫌々学習するのと

 

自分から興味をもって学習するのとでは

 

その後の成果が大きく違ってきます。

 

小学生への興味付けの一つとして

 

漫画を取り入れてみるのは

 

どうでしょうか。