絵本の読み聞かせ

2020年から小学校の英語が変わります。

 

英会話スクールのCMでも触れられているので

 

耳にされた方も多いと思います。

 

では、実際に小学校の英語ってどんな内容なんでしょうね?

 

今回は小学校で学ぶ英語の内容についてお伝えします。

小学校で教えられる英語の内容

黒板に書かれた英語

小学校3年生・4年生の内容

今までの小5・6年生で行われていた

 

「外国語活動」とほぼ変わりなく行われます。

 

コミュニケーション能力の育成が

 

大きな目標になっているので

 

「聞くこと」

「話すこと(やり取り)」

「話すこと(発表)」

 

が主になります。

 

特に英語の音による指導が重視されるということです。

 

読み聞かせや絵本も活用するようですよ。

 

英語の習得において

 

まず音声から入るのはとても自然な流れなので

 

とても良いと思います。

 

では、外国語活動の具体的な内容はどうでしょう?

 

文部科学省の提示している

 

年間指導計画例というのを見てみました。

 

小学校3年生なら

 

英語であいさつをしたり

 

自分の好きなものについて

 

話したり質問するような内容。

 

I like blue?

Do you like blue?

Yes, I do./No, I don’t.

 

こんな感じですね。

 

小学校4年生は

 

買い物の場面でのやりとりなどが行われます。

 

What do you want?
I want (potatoes), please.
How many?
(Two), please.
Here you are.
Thank you.

 

実際に絵カードなどを使って

 

買い物ごっこみたいな感じで行うんでしょうね。

 

私の娘が小3のときに

 

外国語活動を参観する機会があったのですが

 

クラスメイトとペアやグループになって

 

ゲームやアクティビティを行っていて

 

すごく楽しそうでしたね~。

 

ワークシートも使うようですが

 

文科省のHPを見てみると

 

アルファベットを線で結ぶようなのはありますが

 

英語を書かせるようなページはありません。

 

小学校5年生・6年生の内容

気になっている方が多いのがこの学年。

 

なぜなら、外国語活動から

 

「英語」という教科になるからです。

 

「難しい内容になるんじゃないか?」

「英語を書くことに不安」

 

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

これまでの外国語活動では

 

「書く」ということがなかったので

 

「書く」内容には私も興味がありますね。

 

例によって文科省のHPを見てみました。

 

5、6年生でもワークシートを使います。

 

3、4年生とは違い

 

5年生では始めの段階で

 

自分の名前やA~Zまでを書くようになっています。

 

またアルファベットの音についても

 

しっかり学ぶようですね。

 

例えば、アルファベットの「A」の音を

 

発音しながら ant,  apple を書くというように。

 

フォニックスというんですが

 

英語の文字と音を結びつけることができると

 

英語が読めるようになるので

 

とても重要な項目だと思います。

 

個人的にはフォニックスに時間が割いてあるのは

 

うれしいです。

 

ワークシートの内容を見る限り

 

いきなり英語の文章を書くことはしません。

 

まだ単語レベル。

 

I want to eat (      ).

 

全文を書くのではなく

 

空欄の部分にpizza など

 

食べ物の単語を書くという感じです。

 

また、表現内容については

 

Can you sing well?

 

canが出てきますね。

 

He can sing well.

 

と、he やshe という三人称単数も出てきます。

 

次に6年生。

 

大きな特徴としては

 

過去形が出てくるというところでしょうか。

 

夏休みの思い出という単元のところです。

I went to my (grandparents’ place).
It was (fun).
I enjoyed (fishing).
It was (exciting).
I saw (the blue sea).
It was (beautiful).

 

be動詞も一般動詞も過去形。

 

さらに不規則動詞も・・・

 

まあ、もちろん文法的説明はされないはず。

 

I went to the ( zoo  ).

I went to the( park ).

 

という感じで練習していくようですね。

 

ワークシートを見ても

 

文章全体を書くようにななってません。

 

I went to the…..

 

とあくまでも場所の単語を書き入れる

 

というのにとどまってます。

 

「書く」が始まるということが

 

クローズアップされてますが

 

やはり音声面を重視していて

 

聞く、話すが中心であることには変わりないですね。

 

私自身が中学生の時には

 

「読む」「書く」「聞く」「話す」が

 

一気に出てきて頭がごっちゃになりました。

 

いきなり書くこともありましたしね。

 

だから過去の失敗(?)を繰り返さないよう

 

聞く⇒話す⇒読む⇒書く

 

という進み方になっているのだと思います。

 

そう思うと

 

今後の改定にとても期待できますよね。

 

英語はコミュニケーションのツールです。

 

恥ずかしい

 

という気持ちがおきる前に始めたいところです。

 

うちの娘も小さい頃から英語だけは

 

やっているのですが

 

小5の今も英語大好き!と言ってます。

 

最近では英検にも意欲的に取り組んでます。

 

ベネッセの「チャレンジイングリッシュ」で

 

自宅でできる学習を続けているのもあるのかな。

 

他の習い事や部活があっても

 

自宅学習ならなんとか続けられるのもいいところ。

 

娘の取り組みなど体験レビューを載せてるので

 

見てみてくださいね~。

↓ ↓ ↓

⇒「チャレンジイングリッシュ」小5女子体験談

 

この記事も読まれています