悩む子ども

2020年度から

 

小学校3,4年生で外国語活動が必須となり

 

5,6年生では教科になります。

 

小学生を取り巻く英語事情が

 

大きく変わっていきますね。

 

我が子を英語嫌いにしたくない!!

 

そう思っている親ごさんは多いです。

 

そのためには何が必要なのでしょうか?

小学生でも英語が嫌いな子はいる

嫌いで耳を押さえる女の子

 

英語が嫌いな子はどれくらいいる?

国立教育政策研究所が2017年に

 

これまでの外国語活動について調べたところ

 

全体の8割の児童が

 

英語を好きと答えました。

 

学年が上がるにつれて

 

「好き」の割合は減っていき

 

6年生では約7割になります。

 

逆に「嫌い」と答えた児童は

 

いちばん多い6年生でも1割程度。

 

それでも英語が嫌いな子がいる

 

というのは事実です。

英語が嫌いなのはなぜ?

では、小学生で

 

英語が嫌いになってしまう

 

理由は何があるのでしょうか?

 

わからないから

これ、どんな教科にも共通してるのですが

 

子供が授業を嫌いになる理由で

 

いちばん多いのってコレですよね。

 

ただ、子供の

 

「わからないから嫌い」

 

には要注意ですよ!

 

私は子供英会話講師をしていたので

 

たくさんの子供たちを見てきたのですが

 

わからない=理解できない

 

というよりも

 

自分の知らないことを

 

他の皆が知っているから

 

何だか苦手意識を感じてしまう。

 

こういうことが多かったように

 

思うんですよね。

 

理解できていないのか

 

周りと自分を比較して

 

自分はできないと思っているのか

 

見極めることが大切です。

英語のゲームやアクティビティが苦手

小学生でも高学年だと

 

低学年が好むような

 

体を動かしたり大きな声を出したりする

 

アクティビティを好まなくなってきます。

 

現在小学校で行われている

 

外国語活動では

 

そういう内容が多いですもんね。

 

活動的なアクティビティを

 

好きでない子にとっては

 

苦痛な時間になってしまいますよね。

 

英語嫌い⇒好きへ

英語の環境を作ってみる

英語にまったくふれていない子と

 

家庭でも英語にふれる機会のある子を

 

比較してみると

 

英語にふれる機会のある子供の方が

 

英語を好きになっていくんですよね。

 

・英語の歌、DVD

・英語のTV番組

・英語のゲーム

・英語のマンガ

・英語の絵本

・外国についての本

 

などを用意してみてください。

 

その子供の好みに合ったものが

 

見つかるかもしれません。

 

そうすれば、抵抗なく

 

英語の世界に入っていけると思います。

 

英語のやる気がない時はどうする?

読み、書きも入れたっていい

私の生徒さんで

 

活動的なゲームは好きじゃなくて

 

いつも消極的な子がいました。

 

でも、アルファベットと音についての

 

学習(フォニックス)をし始めた頃から

 

どんどんやる気に

 

なっていったんです。

 

その後も、読んだり書いたりが好きで

 

ずっと辞めずに中3まで続けてくれました。

 

大きな声を出したり歌ったりすることが

 

苦手でも、読んだり書いたりすることには

 

興味があるかもしれません。

 

特に高学年になると

 

少し高度なことを好むようになります。

 

子供の様子を見ながら

 

読んだり書いたりすることを

 

試しに取り入れてみるのも

 

手かもしれませんね。

 

 

この記事も読まれています