地球儀を持つ子供の手

ここ数年グローバル化という言葉を

 

たくさん聞くようになりましたよね。

 

確かに、自分が子供のころに比べて

 

日本で働く外国人が増えたし

 

外国で働く日本人も増えました。

 

ほんと自分が子供の頃は外国人を見ることなんて

 

ほぼなかったのに

 

今では当たり前のように見ますからね。

 

そう考えると.グローバル化と言われるのもわかります。

 

それに2020年の東京オリンピックもあるから

 

国としてもグローバル化を

 

すごく意識してるなーと感じます。

 

このグローバル化によって

 

日本の英語教育も大きく変わってきます。

 

小学校では何が変わって来るのでしょうか?

グローバル化で変わる!?小学校の英語教育

kids

まずは文科省が英語の重要性を説いている

 

文章があるのでそれを見ましょう。

 

一部抜粋してあります。

社会の急速なグローバル化の進展の中で、英語力の一層の充実は我が国にとって極めて重要な問題。これからは、国民一人一人にとって、異文化理解や異文化コミュニケーションはますます重要になる。その際に、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって不可欠であり、アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべきである。今後の英語教育改革において、その基礎的・基本的な知識・技能とそれらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を育成することは、児童生徒の将来的な可能性の広がりのために欠かせない。

 

我が国では、人々が英語をはじめとする外国語を日常的に使用する機会は限られている。しかしながら、東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020(平成32)年はもとより、現在、学校で学ぶ児童生徒が卒業後に社会で活躍するであろう2050(平成62)年頃には、我が国は、多文化・多言語・多民族の人たちが、協調と競争する国際的な環境の中にあることが予想され、そうした中で、国民一人一人が、様々な社会的・職業的な場面において、外国語を用いたコミュニケーションを行う機会が格段に増えることが想定される。

 

ざっくり言うと・・・

 

日本にいたら英語なんてそんなに使わないじゃん!

 

というのは今の子供たちが社会人になる頃には

 

通用しないよ。

 

今後、激化する国際競争を勝ち抜くためには

 

外国人と対等に渡り合える「英語力」

 

を持つ人間を育成する必要があるんだよ。

 

というところでしょうかね。

小学校で英語が初めて教科化されます

2020年には日本の小学校で

 

小学校5年生以上は英語が教科となります。

 

え?今までは教科じゃなかったの?

 

という人もいるかもしれないですね。

 

そうなんです。

 

これまでは英語は「外国語活動」の1つとして

 

扱われていましたし。

 

だから、テストによって点数をつけたり

 

通知表に成績がつくこともありませんでしたね。

 

これが教科になるのです。

 

テストみたいなものもあるかもしれませんし

 

何らかの形で個人を評価していくことにもなります。

 

2020年とは言っていますが

 

2018年から前倒しをして

 

実施してもいいことになってます。

 

それは自治体の判断によるようですが

 

私の住んでいる市では

 

2018年4月から実施しています。

 

教科書もちゃんと娘はもらってきましたよー。

 

しかも、今まで小学校ではやっていなかった

 

「読み」「書き」も加わるということです。

 

教科書見たら、確かに書く感じの内容がありました・・・

 

そして今まで小学校5,6年生で

 

行っていた外国語活動が

 

さらに下の学年の3年、4年生で

 

行われることにもなりました。

 

そして、英語の授業数も増えますよ~。

 

現行は高学年が年間35時間だったのですが

 

新しい教育指導要領では

 

年間70時間と倍増するんです!

 

でもね、考えてみてください。

 

今でもコマ数はいっぱいいっぱいですよ。

 

どこに英語を入れるんだよ!となりますよね。

 

で、文科省はいろいろなパターンを提案してます。

 

例えば、夏休みや土曜日などに別枠をとって実施

 

短時間や長時間等の授業を設定して実施・・・等

 

そこは各学校に委ねられています。

 

うちの娘の小学校は

 

朝の短時間で時間を設定することにしたようで

 

今年度から時間配分が変わったといって

 

新しい日課表をもらってきていました。

 

とにもかくにも

 

多くの小学校で

 

新しい教育指導要に沿って動きはじめている

 

というのが現実なのです。

真のグローバル化って?

さて、グローバル化に対応していくために

 

より高い英語力をつけようじゃないか

 

というのはまあ良しとしましょう。

 

でも日本人には大きな課題があるんですよね

 

英語力以前の。

 

それは

 

「人前で自分の意見を堂々と述べる」

 

という力が弱いということです。

 

私は若い時にカナダに語学留学していたことがあります。

 

クラスメイトはメキシコ、ブラジル、フランス

 

イラク、サウジアラビア、韓国、中国、台湾

 

と様々な国から来ていました。

 

授業の中でよくディスカッションがあったのですが

 

日本以外の生徒たちはもうしゃべるしゃべる。

 

特にイラクとサウジ。

 

日本人も何か喋ろうとするのですが

 

彼らの勢いに圧倒されてしまいだまってしまう・・・

 

ということが多々ありましたね。

 

そうすると意見がないのかと思われてしまうんです。

 

これはビジネスの場だったらかなり危険ですよね。

 

何も話さなければ

 

せっかく日本が良い技術を持っていても

 

その技術は売れません。

 

他国との競争に負けてしまうということです。

 

グローバル化という言葉を聞くと

 

あのカナダでの授業を思い出してしまう私です。

 

あれからもう20年以上の年が過ぎましたが

 

日本人は自分の意見を堂々と人前で言えるように

 

なったのでしょうか?

 

私はあまり変わっていないと思います。

 

先日、娘の学校の授業参観に行ってきました。

 

道徳の授業だったのですが

 

意見の出ないこと出ないこと。

 

先生が子供たちにふっても

 

なかなか手を挙げる子がいない状況でした。

 

日本語での授業ですらこうですからね。

 

日本語でも人前で意見を言えない子供たちが

 

その経験も積まずに英語でディスカッション・・・

 

 

できるわけありません。

 

英語の力をつけることはもちろん大切なことですが

 

小学校の低学年のときからすべての教科で

 

人前で意見を言えるような力を

 

つけさせていくべきだと思っています。

 

まずはここがとても大事じゃないでしょうか?

 

学校でそれをやってもらえないのなら

 

自分でやるしかない。

 

発表やディスカッションが

 

カリキュラムに入っている英会話教室に通うとか。

 

⇒プレゼンやディスカッションもできる小学生専用オンライン英会話

 

文科省では高校の英語の授業で

 

ディスカッションやらプレゼンを

 

入れていきたいようですが

 

小さい頃から練習していないと

 

かなり難しくないですかね。

 

小学生のころから練習をして

 

慣れさせていくべきだと強く思います。

 

この記事も読まれています