授業で手を挙げる子どもたち

2020年に

 

小学校での英語が大きく変わります。

 

5,6年生で英語が「教科」になるのです。

 

教科になるということは・・・

 

「成績がつくということはテストもあり?」

 

「通知表にも成績がつくんだ・・・」

 

と急に焦ってきますよね。

 

今回は英語の教科化で何が変わるのか

 

ということについてお伝えしてきます。

2018年から「英語」の先行実施も

黒板に書かれた英語

先行実施で何が変わる?

 

小学校の英語教育は2020年から変わる

 

と散々書いておいてなんだという感じですが

 

実は2018年4月から先行実施されます。

 

といっても全国一斉ではありません。

 

2020年までは移行期間なので

 

自治体や学校によっては

 

先行実施をするところもあるということです。

 

先行実施によって何が変わるんでしょうか?

 

・2020年度からの教科書を使うかも

・授業数が増える

・「聞く」「話す」の強化

 

教科化されればちゃんと教科書も使います。

 

先行実施の間は

 

今まで使っていたテキストを使いつつ

 

2020年度からの教科書も使う

 

という学校もあるみたいです。

 

そして授業時間。

 

今までは5,6年生で年間35単位時間だったのが

 

2020年からは70単位時間に増えます。

 

そしてこの単位時間も

 

先行実施では自治体や学校に委ねられているので

 

学校によってばらつきが出てくると思われます。

 

さらに、今までの「聞く」「話す」力を

 

もっと強化していくことが考えられます。

 

“What do you want to be?”

“I want to be a florist”

 

今までは、質問に対して答える

 

というところで止まっていたものが

 

“What do you want to be?”

“I want to be a florist.”

“Why?”

“I like flowers.”

 

と、今までよりも会話を続けられるように

 

ということを目指します。

 

けっこうすごいですよね~。

 

英語の素地を作ることが大切

英語の教科化だの先行実施だの成績がつくだの

 

親としては焦ってしまいますよね~。

 

成績がつくんだったら

 

英単語とかも書けるようにしとかなきゃ

 

なんて考えてしまうかもしれません。

 

新課程では文字学習も行われるので

 

テストとなったときに

 

アルファベットが書けた、単語が書けた

 

ということが評価の対象になってくると思います。

 

 

文字学習の準備を早くしなければ・・・

 

と考えるかもしれませんが

 

 

教科化になってからでも十分間に合います。

 

それよりももっと

 

やっておくべきことがあります。

 

それは

 

英語の素地を作ること

 

です。

 

そのためには

 

英語の歌やアニメ、テレビ、動画を見せたり

 

絵本の読み聞かせをしたりして

 

たくさん英語の音を聞かせてあげてください。

 

聞くことをあまりしないで

 

いきなり英単語を覚えたり訳したり

 

というのが過去の英語教育でした。

 

だから中学に入ってから

 

英語をはじめて学習する子供には

 

かなり苦痛だったんですよね・・・

 

この反省を活かし

 

音声面を主にして十分に英語に親しんでから

 

読んだり書いたりに進んでいくのが

 

今行われている英語教育なんですね。

 

焦らず、まずは英語に触れるところから

 

はじめてみましょう!

 

とはいっても、何から手をつけていいのか

 

と悩みますよね~。

 

⇒ゲーム感覚で楽しく英語が身につく!

↑ ↑ ↑

こんなふうに楽しい!というところから

 

英語をスタートするのが大切だと思います。

 

この記事も読まれています