ヘッドフォンをつける女の子

英語学習の4本の柱といえば

 

「ヒアリング」「スピーキング」

「リーディング」「ライティング」

 

ですが、早目に鍛えておいた方がいい力は

 

ヒアリングです。

 

言語は耳から聞いて話すというやり方が

 

いちばん自然で身につけやすからです。

 

なのでヒアリング力(リスニング力)を

 

どうやって付けていくのかが

 

英語力をつける大きなカギとなります。

 

小学生で英語の授業が必須化されるようになった今

 

小学生に最適なヒアリング力について説明していきます。

英語の聞き流しはヒアリング力に効果ある?

白いヘッドセット

よく巷で耳にする「聞き流しているだけでOK」

 

というような英語学習方法。

 

これってどうなんでしょうか?

 

ずいぶん前から宣伝もされてますし

 

実は私も買ったことがあるんですよね・・・

 

その当時はカセットテープでしたけど(笑)。

 

結論から言うとヒアリングの力は伸びません。

 

自分もそうだったんですけど

 

周りで、この手の教材を買って英語力が伸びた

 

という声は残念ながら

 

聞いたことがないんですよね。

 

語彙力がないのに

 

聞いても意味がわからないので

 

それ以上力が伸びることはないからです。

 

特に小学生であれば

 

英語の語彙力は圧倒的に不足していますから

 

聞き流しをしてもほとんど効果はないと思います。

英語の音に慣れるところから

聴いている耳

 

小学生とか英語の初心者であれば

 

まずはヒアリングどうこうと言う前に

 

英語の音に慣れる

 

というところから始めるのが良いですよ。

 

映画のDVDを見たり音楽を聞いたり

 

絵本の読み聞かせをするようなことです。

 

またフォニックスという

 

音と文字についてのルールも学んでいくと

 

英語の音というものについて

 

次第に慣れて理解できるようになってきます。

 

私が特におすすめするのは、絵本ですね。

小学生の英語力アップに音読がいい!

 

最近では英語絵本にCDが付いているものも多いですし

 

動画サイトでも有名な絵本の読み聞かせを

 

正しい発音でやってくれていることもありますよ。

 

英語の音声を聞きながら絵本を見ると

 

自然に文字を目で追うようになります。

 

そうなってくると自分でも

 

英語の絵本が少しずつ読めるようになるから

 

英語学習ががぜんおもしろくなってきます。

英検の過去問も使える!

英検4級問題

ちょっと慣れてきたら問題形式もおすすめ。

 

私が使えるなと思ったのが英検の過去問。

 

英検協会のホームページに

 

過去問がありますので

 

その音声データとスクリプトを使う

 

という手があります。

 

手元に英語の絵本がないような場合には

 

こういうものを利用するといいですよ。

 

スクリプトの中にあったものですが

 

I like cooking.I help my mother with dinnere every Friday night. Sometimes, my sister and I make cookies.Our father loves them.

 

くらいの短めの英文を

 

何回も聞いて単語を確認し、また聞く

 

音読する、というようなトレーニングを

 

することもできますよね。

 

ヒアリングの練習ができると同時に

 

英語の試験の形式にも

 

慣れることができるので一石二鳥です。

 

小学生くらいまでなら

 

身近にある音源を使って

 

楽しく聞くことができればいいのかなと思います。

 

まずは英語の音に慣れる

 

という気持ちを忘れないようにしましょうね。

 

この記事も読まれています