草原で本を読む子供たち

日本人の英語の発音の悪さは世界でも定評があります。

 

全然うれしくないですけど・・・。

 

もちろん他の英語圏ではない国の人たちの英語も

 

訛りはあるんですけどね。

 

でも、なぜか日本語なまりの英語って

 

とっても聞き取りにくいらしいんです。

 

中でもカタカナ英語が

 

とってもやっかいなんですよね。

 

なまじ英語みたいだから

 

よけいに通じると思ってしまうのかも。

 

子供のころからカタカナ英語に

 

親しんでいる私たちですが

 

どうしたらカタカナ英語から

 

脱出できるのでしょうか?

カタカナ英語と子供の発音

ベロを出す子供

日本語と英語の発音が違いすぎる

とにかく英語と日本語では発音が違いすぎます。

 

例えば母音。

 

日本語には「ア、イ、ウ、エ、オ」

 

という5つの母音しかありません。

 

でも英語は細かく数えると

 

26もの母音があります。

 

日本語の母音数の少なさが

 

英語の発音を日本語風にしてしまっている

 

と言えるのかなと思いますね。

 

どういうことかというと

 

例えば「bat」と「but」。

 

batの母音はaです。

 

butの母音はuです。

 

英語の発音だとaとuでは違うのですが

 

これをカタカナで表すと

 

どちらも「バット」となります。

 

数ある母音を日本語の母音に

 

なんとかしてあてはめて発音するもんだから

 

英語とは違う発音になってしまうんです。

 

そして、母音数だけではなく

 

日本語はすべての言葉に母音が入っている

 

ということも

 

発音をへたくそにしちゃってます。

 

特に単語の最後の音。

 

さっきの「bat」ですが

 

最後は子音で終わってますよね。

 

でもカタカナで表記するとバットとなります。

 

トの音はローマ字で書くとtoです。

 

オという母音が入っちゃってるんです。

 

このような感じですべての音が

 

母音で終わるもんだから

 

英語の発音とは違っちゃうんですね。

 

ローマ字が子供を混乱させる!?

もう1つ

 

子供にとって英語をややこしくさせているのが

 

ローマ字です。

 

自分のときは4年生だった気がするのですが

 

今では3年生で習うようですね。

 

私の娘も3年生のときにローマ字を習いました。

 

で、これが本当に混乱の元でした。

 

娘は小さいときから英語を習っています。

 

3年生のころには

 

何となく英語の文字と発音が

 

一致してきたようでした。

 

そんなときにローマ字です。

 

ある時、学校からローマ字の書き取りの

 

宿題が出ていました。

 

その中で

 

学校⇒gakko

 

という問題がありました。

 

娘は英語では学校がschoolと知っているので

 

どうして学校にはgakko とschool

 

と2種類の英語があるのかと聞いてきたんです。

 

娘にしてみればアルファベットは英語

 

という認識なので

 

どうもgakkoというのが解せなかったようです。

 

名前とか地名を表すのに必要なんだよ・・・

 

くらいしか説明できなかった私。

 

だって、名前を書くときくらいしか

 

ローマ字を使う場面なんて

 

ないですもん!!

 

おそらくアルファベットに

 

初めて触れるであろう

 

3年生にローマ字を覚えさせるのは

 

その後の英語教育にとって

 

邪魔としかいいようがありません。

 

ローマ字=英語と思っている子供たちは

 

name⇒ナメなんて読んじゃいますし

 

書き取りのときに、時間⇒taimu

 

なんて書いてしまいますよ!

まずフォニックスを覚えよう

私は、アルファベットを覚えたら

 

次はフォニックスを覚えるべきだと思っています。

 

最近になって日本でも

 

フォニックスという言葉を

 

聞いたことがある人も増えたと思います。

 

フォニックスとは

 

英語の発音とスペルとの関係を教えるために

 

開発された指導法のこと。

 

アメリカやカナダなど

 

英語圏の子供たちは1年生ごろまでに

 

フォニックスを学びます。

 

音と文字がしっかり結びつけば

 

初めて見る単語でも読めるようになるのです。

 

私が英会話講師をしていたときにも

 

小学生のレッスンでは

 

フォニックスを取り入れていました。

 

なので、生徒たちは英語をよく読めたし

 

中学生になった子供たちも

 

発音問題はラクラク~なんて言ってましたね。

参考記事: 英語の読み書きにフォニックス

このように

 

ローマ字が英語学習の妨げになるのは

 

様々なところで言われていることです。

 

カタカナ英語は英語とは別のもの

 

ローマ字もアルファベットを使っているけれど

 

英語ではない

 

ということを子供のときに知らせていけば

 

少しは混乱は防げるのかな

 

と思っています。

この記事も読まれています