アルファベット

 

2020年から、小学校高学年で

 

英語が教科化され

 

3年生から必須化されます。

 

国をあげて力を入れている英語教育ですが

 

小学校で英語教育をする意味がない

 

という意見も根強いです。

 

本当に意味がないのでしょうか?

小学校での英語教育とは

教室

小学校での目標

小学校から英語学習を始めるのだから

 

中学校になればペラペラになるんじゃない?

 

なんて思っている親ごさんが

 

いるかもしれないですんね。

 

しかし、残念ながらそうはなりません。

 

小学校、中学校での

 

目標として掲げているのが

 

基礎的な会話を通して

 

英語を「聞く」「話す」体験に

 

慣れ親しむ

 

ということです。

 

慣れ親しむ、ですからね。

 

ペラペラには程遠い感じですね・・・。

 

2020年からの新学習指導要領では

 

高学年では「聞く」「話す」のみでなく

 

「読む」「書く」も入れた

 

4技能の力を伸ばすことに重点が置かれます。

 

今までの慣れ親しむよりも

 

ちょっとレベルが高くなる感じですよね。

 

さらに、勉強っぽくなるのでしょうか。

中学へのスムーズな移行

もともと、小学校高学年で

 

「読む」「書く」を

 

入れることになったのは

 

中学との接続をスムーズにするため

 

 

なんですね。

 

小学校は英語に慣れ親しめばよかったのに

 

中学に入ったとたん

 

読む、書くがドバっと入ってきて

 

英語嫌いになる子が増えた

 

という現状の問題点もあります。。

 

ベネッセの実施した

 

中学生へのアンケートによると

 

小学校のときに

 

やっておきたかったこととして

 

英単語を書く、読む

 

英語の文を書くこと

 

というのが上位にきてるんです。

 

小学校高学年で

 

英語の読み、書きをスタートさせるのも

 

このような経緯があるからなんですね。

 

小学校での英語教育は無意味なのか?

もし、「話す」というところに

 

目標があるのなら

 

小学校での英語授業は

 

あまり意味がないのかな、と思います。

 

なぜなら、話すための授業ではないから。

 

慣れ親しむですから。

 

徹底的に話す訓練をするわけでは

 

ないですもんね。

 

中学への移行をスムーズに

 

ということを考えればアリです。

 

中学校でいきなり英語を学び始めた

 

私たち親世代は大変でしたよね。

 

英語をいきなり読んで書いて

 

から始まりましたから。

 

それを考えると

 

小学校で英語という言語の

 

存在に気づき

 

英語の音に触れて

 

簡単な英語を話したり

 

ゲームをしたりして

 

英語っておもしろいじゃん!

 

という感覚が持てるのは

 

いいことですよね。

 

そういう感覚を持ちながら

 

中学へ進んでいくのは

 

意味あるじゃん、って思います。

 

大学入試まで続いている

 

日本の英語教育の目標である

 

4技能をバランスよく習得する

 

という点から考えても

 

小学校での英語の授業は

 

無意味ではない

 

と感じます。

 

とにもかくにも

 

2020年からは新学習要領に沿って

 

英語の授業が始まることは

 

確かなので

 

意味ある、ないと言っていても

 

仕方ないです。

 

でも、もう一歩先の英語力を

 

つけたいというのなら

 

小学校の授業とは別に

 

英語に触れていく必要が

 

あるのかな、と私は思っています。

 

>>使える英語を身につける!体験談

この記事も読まれています