草原でギターを弾く女の子

娘が小学校3年生の時

 

英語の授業を一度参観したことがあります。

 

音楽に合わせて体を動かしたり、歌を歌ったり

 

という活動もたくさんあって子供たちはとても楽しそうでした。

 

どの子もすごくイキイキとした表情だったのが

 

印象に残っています。

小学生の英語に音楽をこう使おう!

ヘッドセットをつけてタブレットを持つ少年

音楽に合わせて体を動かす

小学校3年生くらいまでなら

 

音楽に合わせて体を動かすことがとても好きです。

 

テンポのある音楽に合わせて

 

「walk」、「stop」、「jump」、「run」

 

などの動詞を聞いて体を動かすアクティビティを

 

楽しみましょう。

 

英語の歌に合わせて体を動かすのもいいですね。

 

If you’re happy and you know it

言わずと知れた「幸せなら手をたたこう」です。

映像を見ながら一緒にやるのもいいですね。

 

英語で歌う

小学生でも高学年になってくると

 

昔から歌い継がれてきた Tradtional Songs だけじゃなくて

 

いわゆるポップスというジャンルの歌も喜びます。

 

私が英会話教室で小中学生を教えていた頃

 

時々英語の歌をみんなで聴いたり歌ったりしていました。

 

一度、Queen の「We Are The Champions 」を取り上げたんですけど

 

男の子たちがめちゃくちゃ喜びました。

 

ちょうどその頃のCMソングとして流れていたので

 

それを英語で歌えるってカッコイイ~と思ったみたいです。

 

カラオケで歌ってやる!と張り切ってましたよ。

 

英語ってなんかカッコイイ!

 

英語の歌を歌えるようになりたい!

 

こういう気持ちを大切にしてあげなきゃ、と思います。

 

これがきっかけで洋楽好きになったり

 

英語が大好きになる子供もたくさんいるんですよ。

 

では、ここでいくつかポップス系の歌を紹介します。

 

◆Top Of The World (カーペンターズ)

もう、これはカーペンターズの名曲中の名曲!

 

カレンの英語の発音が本当にきれいで

 

こんなふうに歌えたらいいな~っていつも思います。

 

◆Sing (カーペンターズ)

こちらもおなじみの曲。

 

世界中の小、中学校の歌集にも載っているくらいです。

 

ちなみに私の娘、この歌が大好きで

 

いつも車の中で私と大声で歌っています♪

 

歌詞もわかりやすくていいですよね。

 

◆Heal the World (マイケル・ジャクソン)


マイケル・ジャクソンの名曲。

 

マイケルの数々の名曲の中でも一番好きです。

 

この歌詞と歌声がすごく心に響くんですよね。

 

私の娘にはOfficial Video の方を見せたんですけど

 

戦争によって傷つけられた子供やがれきの中で遊ぶ子供に

 

強い衝撃を受けたみたいです。

 

世界中の子供の平和を願う歌なんだよ、と伝えたら

 

何だか心にくるものがあったみたいで

 

その後も何回か聴いていました。

 

全文を訳す必要はないけれど

 

歌のテーマとか大体の意味を教えてあげると

 

歌そのものにとても興味がわくようです。

 

 

他にも・・・

 

王道のビートルズとかもありますね。

 

歌を選ぶにあたっては

 

●よく使う英語表現が使われている

●英語の発音になまりがない

●歌詞に差別用語や汚い言葉がない

 

ということを基準にするといいですよ。

 

カーペンターズやビートルズなら間違いない!です。

 

楽しんで歌ってみてくださいね~。

 

英語の歌に慣れたて楽しめるようになると

 

英語そのものにも興味が出てきます。

 

うちの娘が今はまってる学習方法です。

 

やり始めてから約2年。

 

より英語に興味を持つようになり

 

英語に対する自信も付いてきました。

 

⇒デジタルレッスンで英語を楽しく学ぶ!

Related Post