ベンチで微笑み合う親子

私が子供英会話教室の講師をしていたころ

 

よく親御さんに言われた言葉があります。

 

「私が英語が全然できないので子供には英語ができるようになってほしんです。」

 

何だか皆さんこう言うんですよね~。

 

自分が英語できないから

 

子供もそうなっちゃうんじゃないか

 

という不安のある親御さんって多いようです。

 

でも、心配はいりません。

 

親の英語力は子供の英語力に影響はないんですよ。

子供の英語力に親の英語力は関係ない

夕日と家族

 

私が高校生の頃

 

英語がすごくよくできる子がいたんです。

 

英語の歌の発音もいいし

 

学校の英語の勉強もよくできるので

 

誰かが、父親が英語関係の仕事をしてる

 

なんてうわさしてたんです。

 

ひょんなきっかけでその子と一緒に

 

バンドをやることになり仲良くなったので

 

うわさは本当なのか聞いてみたんです、私。

 

そしたら父親は大工さんで全然英語はできないと・・・

 

でも父親が洋楽が好きで

 

小さいことから洋楽を聞いていたそうなんです。

 

「へえ~そうだったんだ」とちょっと衝撃受けたことを

 

今でも思い出しますね。

 

もう1つのエピソードを。

 

英会話講師時代

 

生徒の中に英語の発音も会話も良くできる

 

Aちゃんという女の子がいました。

 

母親は「私が全然英語できないから・・・」と

 

いつもお迎えの時に言うタイプの人だったんですね。

 

ある時私が

 

「何かおうちで特別なことをなさってるんですか?」

 

と聞いたら

 

Aちゃんが「おさるのジョージ」の

 

英語バーションが好きなので

 

良く見せているということでした。

 

番組の冒頭にかかる歌を

 

2カ国語ボタンで英語にしてみたら

 

Aちゃんが興味をもったのがきっかけだったそう。

 

これらの話からもわかるように

 

親の英語の出来、不出来は

 

子供の英語力ににまったく影響しません。

 

バンドを一緒にやってた友だちは

 

洋楽を聞いて育ちました。

 

そしておそらく英語の歌に興味を持ったんでしょうね。

 

私の生徒のAちゃんも

 

お母さんが2カ国語ボタンで

 

英語の歌やアニメを見せたことによって

 

英語に興味を持ちました。

 

「英語に興味を持つ」ことが

 

英語好きになったり英語が得意になったりする

 

第一歩なんだと思います。

 

興味を持つことは大切なんですね~。

⇒子供に英語に興味を持たせるには?

 

そうそう

 

Aちゃんの話には続きがあります。

 

自分で「私は全然英語ができない」と

 

言われていたお母さん。

 

Aちゃんが英語を習い始めたのをきかっけに

 

自分も近所のカルチャーセンターでやってる

 

英会話教室に行き始めたんですよ。

 

Aちゃんと一緒に海外旅行に行くのが夢なんだ

 

と語ってくれました。

 

これは今でも忘れられない話です。

 

親自身も努力する姿を見せるのって

 

子供にはすごく影響力があるんじゃないかと思います。

 

私自身も見習わなきゃと感じさせられたエピソードです。