英語絵本

英語学習に絵本の読み聞かせをするとよい

 

と聞いたことがあると思います。

 

でも、小学生以降になるとあまり情報がなく

 

どんな本がいいのか迷われる方も多いでしょう。

 

今回は小学生向けの英語絵本のおすすめを紹介します。

小学生には4技能を意識して

勉強する女の子たち

年齢の低いうちまでは

 

お母さんが絵本を読み聞かせしてあげるだけでも十分です。

 

英語を聞いていくうちに絵の内容がちゃんと英語でインプットされます。

 

これを繰り返していくうちに

 

英語を聞き取ることができる耳ができてきます。

 

小学生になると読んでもらっているのを「聞く」だけでなく

 

「読む」、「話す」、「書く」も加えるといいですよ。

 

4技能をすべて使って英語を習得させるようにしましょう。

 

2020年度から導入される「大学入学共通テスト」では

 

英語では、「聞く・読む・話す・書く」の4技能をすべて評価するため

 

外部の資格・検定試験を活用することになりました。

 

小学生のうちから4技能を意識して英語の学習をしていくのが

 

今後、さらに重要になってきますね。

 

英語絵本を効果的に使っていきましょう。

 

①「聞く」

おうちの方が絵本を読んであげたりCDを聞かせたりします。

 

自身の英語力や発音に不安のある方は是非CDを活用してください。

 

②「読む」

何度も同じ絵本を見ていると

 

だんだん子供も繰り返して言ったりするようになります。

 

繰り返し出てくる単語や文章少しずつ読ませるようにしましょう。

 

③「話す」

絵本の中に繰り返し出てくる表現を使って

 

話すことに挑戦してみましょう。

 

例えば家の中の何かを指して

 

「 What color do you see? 」

 

と子供に質問してみましょう。

 

「I see blue! 」

 

などと言えるようになってきたらほめてあげてくださいね。

 

④「書く」

まだ英語を書いたことがなければ

 

まずは大文字A-Z、小文字a-zの練習から。

 

そしてアルファベットを書くことに慣れてきたら

 

絵本の文章をどんどんノートに書いていきましょう。

 

書くことと絵本のCDを聞くことを続けていると

 

英語力がどんどん伸びていきますよ。

 

 ⇒英語の4技能習得ならこの教材!

 

小学生におすすめの英語絵本

私自身、自分の娘にいろいろな英語絵本を読み聞かせてきました。

 

その中でダントツのおすすめは

 

CTP絵本 です。

 

???という方もいらっしゃるかもですね。

 

アメリカCTP社が出しているのでそう読んでいますが・・・。

 

そのCTP社の絵本の中でも

 

Learn to Read シリーズはいいですよ~。

 

何がいいって、内容が多岐に渡っているから。

1.科学的なお話

2.おもしろくて楽しいお話

3.社会性のあるお話

4.数学的なお話

という感じで全部で4つの種類に分けられています。

 

英語で算数とか科学など他のことも学べるというのが

 

私はとても気に入っています。

 

CTP絵本シリーズ

1冊1冊が16ページくらいの薄い絵本です。

 

ctp絵本の中身

文章もこんな感じで少ないです。

 

だから読むことも書くこともそんなに難しくないですよ。

 

その他にも

 

教育的な内容の Character Builders とか

 

もう少し長めの文章でお話を楽しめる Reading for Fluency

 

もいいですよ。

 

絵本の中には生きた言葉がたくさん詰まっています。

 

小学生の英語学習に絵本を取り入れ

 

生きた言葉をどんどん吸収させてあげてくださいね。

 

この記事も読まれています