パソコンのキーボードをさわる子供の手

2020年からいろいろ学習指導要領が改定されますね~。

 

みなさんご存知のように英語が5,6年生で教科化

 

3,4年生では必須化されます。

 

さらにプログラミング教育も

 

必須化されることが決まっています。

 

必須化なんて言われると

 

これからの小学生はプログラミングと英語が

 

できないとダメなのかって思ってしまいますが・・・

そもそもプログラミングとは?

コンピュータのプログラミング

コンピュータ関係のことに弱い私としては

 

何?何を学ぶの?という感じです。

 

そこでいろいろ調べてみました。

 

プログラミングとは

 

人間の意図した処理を行うように

 

コンピュータに指示をするということです。

 

ただ、コンピューターは人間の言葉を

 

そのままでは理解できません。

 

そこで、コンピューターが

 

理解できる言葉=プログラミング言語で

 

指示する必要がある、ということなんです。

 

なるほどね。

 

まあ、何となく意味はわかりました。

 

でも、これを小学校で必須化する

 

ということはどういうことなんでしょう?

プログラミング教育の必須化でどうなる?

授業中に手を挙げる子供たち

 

おそらく多くの人が勘違いというか

 

思い込んでいるかもしれないですが

 

小学校のプログラミング学習では

 

プログラミング言語の使い方を覚える

 

ということではないようです。

 

小学校でのプログラミング教育の目的は

 

プログラマーの育成ではありません。

 

文部科学省は

 

「プログラミング的思考」を育成する

 

ことが目的と言っていますから。

 

じゃあ、プログラミング的思考ってなんなの?

 

ってなりますよね。

 

これも、いろいろ調べてみましたよ~。

 

プログラミング思考とは

 

目的を達成するために

 

現在自分が置かれている状況から

 

最も適した方法を選択する力のこと

 

ということです。

 

これって

 

1つのものの見方だけしてると難しいです。

 

いろんな方面から物事を見ると

 

いうことが大事になってくるんじゃ

 

ないでしょうかね。

 

うーん、なかなか奥が深いです。

 

で、こういう思考ができる人間を育てる

 

ということなんですね。

 

さらに興味深いのが

 

プログラミングという授業が

 

あるわけじゃないんです。

 

プログラミング教育は、算数や理科

 

総合的な学習の時間など

 

すでにある教科の中で実践される

 

ことになっているんですって。

 

けっこう壮大な計画ですよね。

 

これ、どうやって教えるんでしょう?

 

先生たち、頑張って!!と言いたくなりますね。

 

小学校でプログラミングが必須化されると

 

決まってからというもの

 

プログラミングを学べるスクールに

 

お子さんを入れようとする親ごさんが

 

増えたと聞きますが

 

小学校での目的が目的ですから

 

特にスクールに入らなくてもいいのかな

(少なくとも我が家では入れるつもりはないです)

 

なんて感じます。

英語の必須化はどうなってる?

木のアルファベット

さて、もう1つの改定ポイントである英語です。

 

こちらは、もうすでに2018年度から

 

前倒しをして実施してもよい

 

ことになってますから

 

既にやっている自治体もあります。

 

私の娘の小学校も前倒し実施していますよ。

 

娘は今6年生なんですが

 

3年生くらいから

 

既に英語の授業はありました。

 

あ、ちなみに公立小学校です。

 

ALTという英語専門に教える先生が来てくれて

 

週に1,2,回ほど英語の授業がありましたね。

 

英語に関してはこちらの記事を参考に。

⇒グローバル化でどうなる?英語教育

 

英語もプログラミングも

 

大事なことだとは思います。

 

子供たちが小さいうちから

 

教育内容に取り入れていくのも

 

大事なことだと思います。

 

ただ、現場では誰が教えるのか?どう教えるのか?

 

というのがずっと議論されています。

 

子供たちにとって実のある教育であってほしい

 

とただそれを願うばかりです。

 

この記事も読まれています