本を持つ少女

英語学習にはいろいろな方法がありますが

 

英語力向上に地味に効いているのが音読じゃないかと思っています。

 

小学生になると国語の宿題で教科書の音読してませんか?

 

本当に毎日毎日、親のこっちも聞いてなきゃいけないわけで

 

けっこう大変なんですよね~。

 

でも国語力をあげるのに効果があるから

 

宿題にして毎日やってるわけですよね。

 

この音読って。

 

だから、英語力をあげるのにもやっぱり効果あるんです。

音読の英語学習への効果

本を読んでいるクマ

  • 英語のリズムやイントネーションが身に付く
  • 正しい発音やアクセントを覚えられる
  • 語彙力が向上する
  • リーディング力が向上する
  • 理解力や記憶力が向上する
  • 集中力がつく

 

など、音読をすることで

 

総合的な英語力の強化につながるんですよね。

 

「音読、いいみたいだから早速始めなきゃ!」

 

そう思ってもらうのはいいのですが

 

正しいやり方をしなきゃ意味がありません。

 

自分の中学時代のことを思い出しました。

 

授業で必ず音読をしてたんですけど

 

みんなで合わせての音読だから

 

なんというか、ダラダラと棒読みみたいな音読でした・・・

 

しかも思いっきりカタカナ英語。

 

発音もリズムもイントネーションもあったもんじゃありません。

 

正直あの音読は全然効果なかったと思います。

小学生の音読で気をつけること

音声付きのテキストを使う

これ、とっても大事です!

 

日本語的な発音で何回読んだところで

 

英語独特のリズムやイントネーションは身につきません。

 

やはりネイティブスピーカーが読んでいるお手本がほしいですね。

 

最近は絵本でもCD付きのものがたくさん出ています。

 

まずは音声を何度も繰り返し聞くことから始めましょう。

 

最初は易しいもので音読スタート

音読をさせよう、といきなり長文いっぱいのテキストを

 

使う方がいますがNGです。

 

最初からたくさんの英文を見るだけで

 

拒否反応を起こしてしまう可能性があります。

 

音読のスタートには簡単な絵本のレベルで十分です。

 

絵が入っていれば内容理解の助けになりますしね。

 

会話文も入っているのが特におすすめ。

 

感情を込めて音読することで

 

スピーキング力も向上も期待できますよ。

 

まずは易しい絵本を選んでみましょう。

 

⇒私が小学生の娘との音読に使っているのはコチラ

 

コツコツ続ける

音読は地味なトレーニングです。

 

でもきちんと行うことによって英語力がすごく向上します。

 

娘の宿題である国語の教科書の音読も毎日です。

 

でも毎日やっていると

 

読み方はうまくなってきますし

 

最初の頃より内容が理解しやすくなると娘は言っています。

 

英語も同じです。

 

毎日正しい音声を聞いて、音声をしっかりまねて音読をしていけば

 

発音イントネーションだけでなく

総合的な英語力がアップするのです。

 

長い時間でなくても大丈夫。

 

コツコツ少しずつ続けていけるように

 

お子さんの後押しをしてあげてくださいね。

 

この記事も読まれています