アルファベットの書き取り練習

英語の読み書きができてくると

 

子供も英語がもっと楽しくなってきます。

 

これからは小学校でも高学年で

 

英語の「読み」「書き」が入ってきますね。

 

英語の4技能の中でも

 

読みと書きは難易度が高いのですが

 

どんなふうに学習していったらいいのか

 

ということについて書きたいと思います。

子供の英語の読み書きはいつからスタートするのが良い?

何度もこのサイトの中で書いていますが

 

子供の英語学習の順番として好ましいのが

 

聞く⇒話す⇒読む⇒書く

 

という順序です。

 

人間が言葉を覚えていく順序は

 

これがいちばん自然です。

 

人間の赤ちゃんを思い浮かべてみてください。

 

いきなり文字が読めるわけもなく

 

いきなり言葉を話し出す

 

ということもありませんよね。

 

赤ちゃんは話し出す前に

 

お母さんや周りの人の話している言葉を

 

たくさん聞いています。

 

そしてようやく聞いたことを話せるようになります。

 

そしてその次に文字を読むことができるようになり

 

書くこともできるようになるのです。

 

この順序を間違えないようにしてくださいね。

 

では、読んだり書いたりは

 

いつから始めたらいいのか

 

ということについては

 

英語の音を十分に聞いてから

 

というのが答えになります。

 

英語の音を十分に聞くというのは

 

どういうことかというと

 

英語の歌を聞いたり歌ったり、英語のDVDを見たり

 

英語の絵本を読んでもらったり、ということです。

 

そしてそれらを楽しむということです。

 

まずは英語の音声に触れて楽しむ機会を

 

たくさん作ってあげてくださいね。

 

私の娘は今までに英会話教室に行ったり

 

家庭学習を行ってきたりしていますが

 

実際に読んでみたり書いてみたりしたのは

 

小学校3年生くらいだったかな、と記憶しています。

 

英会話教室の方でアルファベットの書き取りを

 

するようになったのがきっかけです。

 

その後、父親のTシャツに書いてあった英語を見て

 

これって●●●って読むんだよね

 

などと言うようになりました。

 

娘には小さいときから

 

英語絵本の読み聞かせをしていたので

 

文字に関しては少し興味があったのかな

 

と感じています。

 

目安としては小学校中学年以降

 

高学年でも全然構わないと思います。

アルファベット、フォニックスから

英語の本を読むテディベア

読み、書きに関しては

 

日本語と英語では大きく違うところがあります。

 

日本語ではひらがなを覚えたら

 

ひらがなで書かれている絵本だったら

 

自分で読むことができますよね。

 

ひらがなの文字と音が完全に一致している

 

表音文字だからです。

 

では英語は?

 

アルファベットを全部覚えたとしても

 

アルファベットの文字と音が完全に一致していないので

 

読むことは難しいでしょう。

 

例えば「ANT」という単語。

 

アルファベットだけ知っていて音を知らないと

 

エィエヌティー・・・

 

みたいな感じで読んでしまいます。

 

A,N,Tそれそれが持つ音を知らないと

 

正しく読めないのです。

 

ということで、アメリカやカナダの子供たちは

 

読み書きの練習としてフォニックスから始めます。

 

フォニックスというのは文字と音のルールです。

 

ちなみに、娘の小学校の英語の教科書にも

 

フォニックスとおぼしきものを見つけました。

We can 英語テキスト

 

まずは音をきちんと入れるということですね。

 

音を覚えながら単語の書き取りも行っていく

 

ということからスタートしていけばいいのです。

 

⇒英語の「書く」の取り入れ方

 

こうやって少しずつ読めて書ける単語を

 

増やしていくことが

 

英語の文章を読める、書けるにつながっていくのです。

 

この記事も読まれています