アルファベットとノート

小学校で英語が必修化されるのをうけて

 

スクールや家庭で英語学習をスタートしている小学生も

 

多くなってきました。

 

親としては楽しく英語を身につけさせたいと思うのですが

 

英単語に関しては何とかして覚えないと

 

読めない、書けない、話せない、聞けない

 

となってしまいます。

 

困りましたね・・・どうしましょう。

小学生向け!楽しく英語を覚える方法

イラストを描く子供の手

視覚で覚える

言葉を字面だけ見て覚えられる人って

 

一体どのくらいいるのでしょうか?

 

これは、大人であってもなかなか難しいですよ。

 

人間って視覚で8割くらいのものを認識しているといいます。

 

だから英単語であれば

 

つづりだけ見てもなかなか覚えられないのです。

 

例を挙げますね。

 

 

thirsty = のどが渇いた

 

文字だけを見て覚える場合と

 

thirsty = のどがかわいた女性

 

文字とその意味を表す絵を見て覚える場合と

 

どちらの方が覚えやすいですか?

 

字を見て、ただ意味やつづりを覚えるのって

 

けっこう苦痛ですよね。

 

小学生ならばなおさらです。

 

でも、英単語と一緒にその意味を表す絵があれば

覚えやすいですし記憶として残りやすいですよね。

 

子供向けの英会話スクールで絵カードが使われているのは

 

こういう理由があるからです。

 

絵カードがあれば

 

絵を見て単語を言わせたり

 

かるたとりのようなゲームもできます。

 

楽しく覚えられるんんですね。

 

小学生のうちにはなるべく視覚を使って

 

英語を覚えさせてあげてくださいね。

 

聴覚で覚える

音声とともに覚えるのも効果があります。

 

小学生くらいであればひたすら字を見て暗記するより

 

むしろ音と一緒の方が定着しやすいです。

 

例としてあげると歌で単語を覚えるというのがあります。

 

うちの娘も学校の英語の宿題で曜日の歌を何度も歌っていました。

 

私が以前働いていた英会話教室でも

 

曜日のうた、月のうた代名詞とbe動詞を覚えるうたなど

 

様々な歌を歌って英単語を覚えさせていました。

 

ただ唱えるだけよりも

メロディーやリズムにのせる方がよく覚えられるんですよね。

 

また、歌ではないけれど絵本の音読をするのもオススメです。

 

文章の中に出てくる単語やフレーズであれば

 

イメージがつきやすいので覚えるのもそれほど苦にはなりません。

 

単語一つ抜き出して覚えようとするのではなく

 

その文脈の中で覚えるようにしましょう。

 

しかも、絵本であれば絵によって内容を想像しやすいです。

 

視覚も聴覚も使うのでかなりオススメな方法です。

 

⇒音読で英語力がアップする!

 

そして最終的にはノートに書いて定着させましょう。

 

小学校3年生くらいになると書くことにも興味が出てきます。

 

少しずつ英語を書くことを取り入れて

 

記憶の定着をさせていきましょう。

 

Related Post