小学校3年生から英語の授業が始まる!

 

5,6年生では成績もつく!

 

2020年から(前倒しで2018年4月の学校も)

 

小学校の英語教育が大きくかわるので

 

気になっている親御さんも多いでしょう。

 

今回は小学生の英語学習について

 

何から始めていけばいいのかを

 

考えてみたいと思います。

小学生の英語の始め方

タブレット学習する男子

英語の重要性を子供に伝えられますか?

さて、具体的な方法をお伝えする前に

 

とても重要なことがあります。

 

あなたは英語の重要性を子供に伝えられますか?

 

親が「日本にいたら英語なんて必要ない」

「みんながやるから」

「受験に必要だから」

 

という考えでは

 

子供は英語を学ぶ意欲を持つことができません。

 

「英語は子供の未来に必要なもの」

 

そういう認識を持っていないと

 

英語学習はつまらないものになってしまいます。

 

・英語を学ぶことによって世界を知ることができる

・英語を学ぶことによって日本の良さがわかる

・英語を学ぶことによって選択肢が広がる

・英語の学ぶことによって人生がより豊かになる

 

これは私自身が英語を学んできて感じたことです。

 

私の娘が物心ついたときから

 

英語の重要性についてはよく話してきました。

 

それもあってか

 

最近では「アメリカの学校に行ってみたい」

 

なんてことを言います。

 

まずは親であるあなたが

 

子供にとって英語が重要である理由を

 

伝えてあげてください。

 

子供の英語学習はそこから始まります。

英語に触れられる環境作り

身の回りにあるもので

「家に英語教材なんてないわ!」

 

大丈夫です。

 

TVでやってるアニメを英語音声にしたり

 

お手持ちのアニメDVDを英語音声にして

 

見るようにすればいいですよ。

 

NHKの子供向け英語番組も楽しいです。

 

英語は音声から学習するのが大切です。

 

テレビ番組やアニメは音にプラスして

 

映像でも楽しめるので

 

そんなに抵抗なく始められます。

 

まずは、お子さんが楽しめそうなもので

 

英語に触れる環境を作りましょう。

 

毎日10分とか時間を決めるのがいいですよ。

プラスアルファで用意

私は娘が小さいときから

 

英語の絵本を読み聞かせしてきました。

 

私も娘も大好きなのはCTP絵本。

↓ ↓ ↓

CTP絵本シリーズ

ctp絵本の中身

とても薄い絵本です。

 

CDもついているので英語が苦手な方でも大丈夫。

 

慣れてくると、絵本に出てくる英語を

 

繰り返して言ったりするようになりますよ。

 

絵本は本当に優れた教材です。

 

「聞く」「話す」「読む」「書く」

 

すべてが学習できますから。

英語教材に頼るのもOK

なかなか環境を揃えるの大変~!

 

そんなときには英語学習用の教材に

 

頼ってみるのもおススメ。

 

小学生向けに作られている教材なら

 

小学生の興味をそそる内容ですし

 

段階的に学べるので英語の力も

 

ついていくのが実感できます。

 

おススメは、オンラインの英語学習教材。

 

うちでは、ベネッセのチャレンジイングリッシュで

 

かれこれ2年ほど学習しています。

 

チャレンジイングリッシュの内容

 

普段はPCでスピーキングやリスニング

 

リーディング、ライティングの問題をやり

 

月に1回外国人講師との

 

オンライン会話レッスンもあります。

 

PCでの学習はゲーム感覚でてきるので

 

全然嫌がらずにやります。

 

時間も10分程度で済みますし。

 

しかも、放っておいても自分ひとりで

 

できるので、忙しい親にもピッタリ(笑)。

 

英語塾や英会話教室だと

 

送迎があるので仕事してる私には無理なんです。

 

だからこういう教材ってほんとありがたい。

 

娘は最近英検に合格することもできました!!

 

日頃の英語学習の積み重ねが大切だな

 

と実感してるところです。

 

チャレンジイングリッシュについては

 

コチラの記事をを見てくださいね。

↓ ↓ ↓

チャレンジイングリッシュ小5女子体験談

 

この記事も読まれています