机が並ぶ教室

ほとんどの教科が小学校と中学校で同じなのに

 

英語だけは中学から本格的にスタートですよね。

 

2020年からは英語も

 

小学校5年,6年スタートになりますが・・・

 

英語の先取り学習をした方がいいのかどうかって

 

今までもずっと話題になってきたと思います。

 

私が英会話講師をしてきて感じたことや

 

小学生の親として感じることをお伝えします。

中学からのスタートでつまずく子は多い

本の間で頭をかかえる人

英語嫌いになる可能性も

私は幼児~中学生までが対象の

 

英会話スクール勤務していました。

 

私の生徒さんのほとんどは幼児(もしくは小学校低学年)

 

から通っているので

 

中学に入って英語でつまずいたということはありません。

 

私の同僚や知人、友人たちの話によると

 

今まで英語に触れてきた子たちは

 

慣れているし知ってることだから余裕だけど

 

中学で英語デビューの子たちは

 

あたふたしてるのが見ててかわいそうな感じと

 

言っていました。

 

確かにこれはあるだろうな~と思います。

 

「be 動詞が全然理解できない」

 

「一般動詞との区別ができない」

 

というのは特によく聞きます。

 

何らかの英語学習をしてきた子にとってみれば

 

be動詞も一般動詞も馴染みがあるのでそんなに

 

困らないんですよね。

 

でも、はじめての子にとっては

 

be動詞を理解するのってけっこう大変なんです。

 

be動詞は中学のスタート時に出てくる文法事項です。

 

ここでつまづいてしまうと

 

もうそれだけで英語嫌いになってしまいますよね。

 

しかも、その後もずっとbe動詞は出てきますからね。

 

みんなと同じスタートラインで

 

「知ってる、知ってる、習ったもん。」

 

というのは気持ちの上でかなり余裕ができます。

 

自分はできるんだという自信は

 

今後の英語学習に大きなアドバンテージになります。

 

あるアンケート調査によると

 

中学生が英語が苦手になる時期は

 

中1の前半~中2までなんだそう。

 

苦手の第一の波である中1の前半を乗り切るためにも

 

何らかの先取りをしておくことが大切だと思います。

 

英語の先取り学習は何をすればいい?

英会話スクールや英語塾に通い始めるのもいいと思いますし

 

オンライン英会話もいいですね。

 

でも、あまり親が焦りすぎないことが大事です。

 

小学生のうちに

 

「英語を学ぶことって楽しい」

 

「英語を学んで将来◯◯したい」

 

という気持ちを持たせてあげてほしいです。

 

英語の歌やアニメ、英語アプリなど

 

楽しそうなものを選んであげるといいと思います。

 

英語絵本もとてもおすすめです。

 

絵本には短めの文章で

 

中学で習うようなフレーズや文法事項も出てくるので

 

なんとなくでも目に触れておけばいいと思います。

 

お子さんが小学校中学年以上であれば

 

アルファベットや自分の名前を書く練習をしたり

 

絵本に出てくる単語やフレーズを書き取るのもいいでしょう。

 

英語はやればやっただけの結果が出る教科です。

 

簡単な文法事項でもちょっとずつやっていけば

 

必ずその子の力になりますし自信にもなります。

 

親があまり気負わずに

 

気楽にはじめてみることをおすすめします。

 

ただ、いつも親が見るのはしんどい・・・

 

という方におすすめな方法がデジタルレッスンです。

 

うちの娘も2年ほどやってます。

 

小学生のうちに英検3級を取りたい

 

とか

 

海外に留学してみたい

 

なんていう目標もできてきました。

 

英語に関しては

 

何だか知らないけれど自信を持ってる娘です(笑)。

 

⇒英語の先取り学習が楽しくできるのはコレ!

 

Related Post