黒板に描いてある絵

小学生にもなると間近に英語が迫ってきますね。

 

2020年から小学校5,6年生で英語が成績のつく教科になり

 

3,4年生から外国語活動として英語がスタートします。

 

現在、または2020年に小学校3年生以上になるお子さんを

 

お持ちの親御さんはいろいろ心配ですよね・・・

 

小学生にはどんな英語の教え方がいいのか

 

を紐解いていきたいと思います。

小学生の年代別特徴と英語の教え方

腕を組む男の子

小学校低学年(1,2年生)

低学年のうちはまだまだ集中力がありません。

 

学校で毎日机に向かっているので勉強するということに

 

慣れてきてはいますが、少したつと他事をし始めます。

 

観て楽しめるもの、声に出して楽しめるもの

体を動かして楽しめるものを題材にして教えるといいですね。

 

文字ではなく音声学習を中心にしましょう。

 

英語のテレビ番組やアニメ、動画などを活用すると

 

楽しんで英語を覚えることができます。

 

⇒おすすめの英語アニメはこちら

 

もおすすめです。

 

まだ1,2年生なら恥ずかしいという気持ちが起きにくいので

 

大きな声で英語の歌も歌って楽しめると思います。

 

絵本で少しずつ文字に慣れさせていくことも必要です。

 

アルファベットや自分の名前を書く練習も少しずつ

 

行っていきましょう。

 

小学校中学年(3,4年生)

3,4年生になると文字に関心を持つようになってきます。

 

文字を「読む」、「書く」ことを少しずつ取り入れましょう。

 

使う題材としては絵本がおすすめ。

 

絵本を音読したり、その中に出て来る単語や短いフレーズを

 

ノートに書き取る練習をスタートさせましょう。

 

引き続き音声面からの学習も続けていきましょう。

 

そして、英語のゲームも刺激になり良いですよ。

 

ネットで子供用の無料英語ゲームがあるので

 

うまく活用してくださいね。

 

小学校高学年(5,6年生)

高学年になると少し難しい英語の文章でも

 

なんとか読んでみようする姿がみられます。

 

知的好奇心をくすぐられるような物を好むようになります。

 

逆に大きな声で歌ったり、英語の歌に合わせてダンスをしたり

 

することに抵抗を覚えるようになってきます。

 

音声学習も続けていきますが

 

書いたり文法を学んだりすることに比重をおくといいですね。

 

英検やToeic Bridgeなど検定試験にもどんどんチャレンジ

 

させていきましょう。

 

英検のテキストは種類も豊富です。

 

テキストを使って自分で勉強させていくのもいいですし

 

難しい部分は親御さんの方で教えていくのもいいですね。

 

この頃の子供は、何のために英語を勉強するのか?

 

ということを知りたがります。

 

「◯級合格!!」

 

など、明確な目標を持たせてあげることが

今後の学習へのやる気につながります。

 

中学ではもっとシビアに成績と向き合わなければなりません。

 

小学生のうちに

 

英語を学ぶ意味をしっかり意識させてあげたいですね。

 

ちなみにうちの娘は今小5です。

 

4年生の時から楽しんで英語学習をしてます。

 

最初はただ楽しい!だったのが

 

最近は英検3級とるぞ!なんて目標も

 

たてるくらい英語に意欲的になりました。

 

娘の取り組んでる方法を公開してるので

 

是非みてみてくださいね。

 

⇒英語の4技能を楽しく身につける!

 

この記事も読まれています