サイコロで作ったTOEICの文字

 

小学生の英語力を測る試験って何があるでしょう?

 

英検?TOEIC?

 

英検は英会話スクールや塾でも

 

受験を促進してますけど

 

TOEICはどうなんでしょう?

 

小学生に向いているのかどうか

 

調べてみました。

TOEICは小学生ではなく大人向き?

マークシートの解答用紙

 

TOEICのテスト概要

TOEICは『Test of English for International Communication 』

 

(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略です。

 

ホームページを見てみると、受検対象者は

●身近なシーンからビジネスまで

幅広い場面でのコミュニケーション英語能力を

身につけたい方。

●就職活動やキャリアアップなど

社会で自分の英語力をアピールしたい方。

 

となっていますね。

 

出題内容も

身近な内容からビジネスまで幅広く

となっています。

 

リスニング(約45分間・100問)

 

リーディング(75分間・100問)

 

合計約2時間で200問に答える

 

マークシート方式のテストです。

 

小学生にはちょっとキビシイかも

TOEICは英検とは違って

 

級別に問題が違うということはありません。

 

どの受験者も同じ問題です。

 

小学生も大人と一緒の問題で

 

内容にビジネス関係が含まれているので

 

小学生にはちょっと難しいかな・・・

 

という印象を受けます。

 

そして、テスト時間が2時間!

 

2時間もの間、集中しテストに取り組むのは

 

大人でも結構大変ですよ~。

 

出題内容やテスト所要時間を考えてみると

 

就職活動中の学生やビジネスパーソンに

 

メリットが多いと思いますが

 

小学生にとって

 

TOEICはハードルが高い試験

 

かなと思いますね。

 

無理して受験しなくても良いかと。

 

TOEIC Bridge やJETもある

TOEICにこだわるのなら

 

TOEIC Bridge という選択肢もあります。

 

TOEIC Bridgeは

 

TOEICの簡単バージョン

 

とでも言ったらいいでしょうかね。

 

ホームページによると

初・中級者レベルのListening(聞く)・Reading(読む)

という2つの英語力を測定します。

とあります。

 

日常的で身近な内容で

 

リスニングとリーディングで50問ずつ

 

計100問で所要時間は1時間です。

 

また、さらに一段階下のレベルだと

 

JET(ジュニアイングリッシュテスト)もありますよ。

JETロードマップ

JETの6級~3級は

 

小学生が多数受験する英検5・4級と

 

同じようなレベルですね。

 

小学生が受験するのに適していると思います。

 

JETはTOEICに段階的につながっているので

 

将来TOEICを受験しようというのなら

 

小学生のうちからJETを受験するのも

 

アリかなと思いますね。

 

テストのための英語学習にならないように・・・

ただ、注意したいのが

 

テストのための勉強になってしまっては

 

本末転倒ということ。

 

あなたが小学生のお子さんに

 

英語学習をさせたい(させている)のは何故?

 

・将来役にたつ英語力をつけさせたいから

・海外留学させたいから

・学校で始まる英語の授業の先取りをしたいから

・英語を得意になってほしいから

 

などなど、いろんな想いがあるからでしょう。

 

小学生のうちに大切なことは

 

楽しんで英語にふれることです。

 

うちの娘はベネッセの

 

チャレンジイングリッシュで英語学習をしてます。

 

約2年たちますが楽しく継続してますよ~。

 

楽しんでできるのが何よりいいみたい。

 

英語の検定試験でも良い結果が出るようになりました。

 

⇒小学生に人気!チャレンジイングリッシュ

 

この記事も読まれています