子供を肩車する父親

英語はこれから必ず必要だから

 

と子供への英語教育熱がどんどん上昇している今。

 

教育熱が高まるのはいいのですが

 

本当にそれは子供のためになっているの?

 

ということも多々ある現状。

 

特に英語が苦手だったという両親が

 

行いがちななんですよね・・・

 

そこで今回は、両親が英語が苦手

 

という場合に気をつけたいことを

 

お伝えしていきます。

英語が苦手な両親が気をつけるべきこと

押し付けすぎない

私が子供英会話講師をしていた頃

 

参観日や懇談会などで

 

自分が苦手だったから

 

子供には英語で苦労をさせたくない

 

とおっしゃった方が非常に多かったこと

 

今でも覚えています。

 

その思いが強いあまりに

 

子供に英語を押し付けていませんか?

 

子供が英語にあまり興味が持てていないのに

 

英会話教室に無理やり通わせたり

 

英語の教材を与えて

 

強制的にやらせてみたり・・・

 

子供だけでなく人は楽しいと思うことや

 

興味があることに対しては

 

もっと知りたい、もっとやりたいと思うもの。

 

反対に自分の意志とは関係なく

 

強制的にやらされたことは

 

良い思い出として残らないですし

 

実力もつきません。

 

子供にとっては

 

やらされ感はマイナスなのです。

 

「英語って楽しそう、やってみたいな」

 

と思えるような工夫が必要になります。

⇒子供を英語好きにするためにできることは?

逃げない

これも英語が苦手な両親にありがちなのですが

 

例えば英会話教室に通わせていても

 

内容について家庭でまったく触れないとか

 

子供がなにか聞いてきても

 

「ママは英語苦手だからわかんないわ~」

 

ってうやむやにしてしまうとか。

 

苦手だとどうしても英語の話題には

 

入りづらいものがありますよね。

 

だからといって子供だけに

 

自分の苦手だったことをやらせるのは

 

どうでしょう?

 

お子さんがやっていることに

 

最低でも興味を持つことは

 

親として大事なことだと思います。

 

苦手だからと逃げるのではなくて

 

「へえーすごいね。そんなことも知ってるの?さすがだね。」

 

なんて声をかけてあげるだけでも

 

子供はとてもうれしくて

 

どんどんやる気になります。

 

私の知っている保護者の方で

 

子供を英会話教室に通わせたのを機に

 

苦手だった英語にチャレンジすべく

 

オンライン英会話に挑戦した

 

という方もいましたよ。

 

「親子で競争です!」

 

なんておっしゃってました。

 

そばでその話を聞いていたお子さんの顔が

 

すごく嬉しそうだったのが忘れられません。

自分たちが英語が苦手だったからという思いが

 

マイナスに働いてしまうことがある

 

とご理解いただけたかと思います。

 

過度に期待をかけたり

 

逃げてしまったりしないように

 

親として気をつけたいですね。

 

子供に自分の夢を託すのではなく

 

一緒に寄り添いサポートしてあげる

 

そして自分自身もチャレンジする姿を見せる

 

そんな親でありたいですね。

 

この記事も読まれています