元気に飛び跳ねる子供たち

2020年の英語教育改革まであと少し。

 

2018年からは移行期間ということで

 

各自治体によっては

 

既に新学習指導要領の内容に沿って

 

英語の授業を進めているところもありますね。

 

小学校高学年では英語が「教科」

 

の位置づけになりますが

 

どんな授業内容になるのでしょうか?

小学校の英語の授業内容

誰もいない教室

高学年で大きく変わる内容

小学校5,6年生(高学年)は

 

これまで外国語活動という枠組みの中で

 

英語を学んできました。

 

「英語の音に慣れ親しむこと」

 

「コミュニケーションに対する関心・意欲・態度を育てること」

 

などが目標とされています。

 

英語というものに親しむことがポイントなんですね。

 

2020年度からは

 

小学校3,4年生(中学年)で

 

この外国語活動を行っていきます。

 

英語を学ぶ年齢が

 

引き下げられるということです。

 

そして、5,6年生では

 

教科としての英語学習が始まります。

 

英語によるコミュニケーション能力の基礎を

 

養うことが目標となります。

 

今までのように英語に親しむということよりも

 

より実践的なスキルを養うことに

 

主眼が置かれるようになるわけです。

 

教科となっているので「教科書」も使うようになります。

「読み」「書き」も行うのが特徴

高学年の英語学習には

 

「読む」「書く」

 

が導入されます。

 

今まで、小学校での英語学習では

 

読み、書きはありませんでしたから

 

ここは大きな変化ですよね。

 

読み書きが始まるというと

 

何だかちょっと難しくなるのか?

 

と考えてしまいます・・・

参考:小学生にライティングは必要?

 

私の娘が通っている小学校では

 

2018年から英語の前倒し実施をしているので

 

既に英語は教科となっています。

 

教科書もありますよ~。

 

ちょっと見てみましょう。

 

英語の教科書we can

「We Can 2」という名前の教科書です。

 

あ、うちの娘は6年生なので2を使っています。

 

小学5年生では「We Can 1」を使っていきますよ。

 

we can unit6

 

Unit 6ではテーマがオリンピックになってます。

 

2020年度は

 

東京オリンピック・パラリンピックが

 

開催される年なので

 

子供たちの英語を学ぶモチベーションが

 

高まりそうですね。

 

さて、「書く」のはどんな感じかな~。

 

we can unit1

 

これはUnit 1です。

 

先生の名前をローマ字で書こう、とありますね。

 

ふむふむ。

 

ローマ字自体は3年生で習うので

 

まあ、ここまではできそうですね。

 

同じくUnit 1で自己紹介文を書く項目がありました。

 

 

自己紹介文を書くタスクですね。

 

テンプレートが決まってて

 

空欄に自分にあてはまる単語を

 

選んで書くという感じです。

 

例えば

 

” I like dogs. “

 

dogs の部分を自分の好きな動物の単語を

 

選んで書くということです。

 

Unit 1ですから、まだ単語を書くので

 

精一杯ですよね。

 

それが最後のUnitではこうなります。

 

we can 教科書

 

中学校でしたいことを紹介する文を

 

書くようになってますね。

 

なかなかここまで書けるようにするのって

 

大変な気もします。

 

想像していたよりもかなり書かせるんだな

 

というのが正直な感想です。

 

詰め込みすぎずに

 

英語を読んだり書いたりということに

 

ちょっとずつ慣れていけるような

 

授業だといいなあ

 

と元英語講師としては願うばかりです。

 

この記事も読まれています