単語カード

小学生の英語というと

 

聞く、話すというのが中心です。

 

では、書く(ライティング)」は

 

いつ始めればいいのか

 

何からはじめていけばいいのでしょうか?

 

小学生を取り巻く英語の現状を踏まえ

 

考えていきたいと思います。

ライティングは小学生に必要なの?

英語の勉強をする子供

小5から英語を「書く」ことが始まる

2020年度からの学習指導要領では

 

小3,4年生で

 

「聞く」「話す」を中心に英語に親しみ

 

小5,6年生で「読む」「書く」

 

行っていくようになっています。

 

ライティング学習の最初は

 

アルファベットの大文字練習

 

になっています。

 

大文字→小文字→単語→文章

 

という感じで進んでいくんですね。

 

小学生でも高学年になると

 

確実にライティングは入ってきます。

家庭でできるライティング学習

英会話スクールに通っていれば

 

小学校低学年のうちに

 

ライティングも行うようになりますが

 

家庭で学習をするとなると

 

どんなことから始めればいいのか

 

と考えてしまいますよね。

 

避けてほしいのが

 

今までまったく英語に触れていなかったのに

 

いきなりアルファベットや単語を

 

書かせるということ。

 

英語の学習は

 

「聞く」「話す」に十分慣れてから

 

「読む」「書く」に進むのが

 

自然な流れです。

 

ここを無視してしまうと、子供が

 

英語なんて嫌だ!

 

と感じてしまうかもしれませんから。

 

参考記事: 「小学生の英語、ココに注意!」

 

音声面での学習を積んだら

 

アルファベットを書くことから

 

是非はじめてあげてください。

 

大文字、小文字が書けるようになったら

 

アルファベットの音を意識しながら

 

書くようにするといいですよ。

 

日本語はひらがなを覚えてしまえば

 

それで文章を書くことができますが

 

英語はそうではありません。

 

アルファベットを書くことができても

 

その音とスペリングを知らなければ

 

単語は書けないのです。

 

英語圏の子供たちはまず

 

アルファベットの音(フォニックス)

 

というものを学ぶんです。

 

そこからライティングへとつなげていきます。

 

この方法だと無理なく

 

英語の音と文字

 

を学ぶことができるので

 

とてもおすすめです。

 

amazonなどで

 

フォニックスと検索すれば

 

関連本がたくさん出てきますので

 

是非活用してみてください。

焦らず少しずつ

私の小5の娘は

 

英会話教室と自宅でのデジタル学習を

 

しています。

 

英会話教室の方は

 

私はほぼノータッチなんですが

 

最近のノートを見ると

 

導入→メイン→結論

 

と筋道のたった文章を書く

 

という練習をしてました!

英文の書かれたノート

 

スゴイ!!

 

知らぬ間にここまでやってたとは。

 

でも何年もかかってここまできたので

 

焦らず急がずでいいのかな

 

と感じています。

 

この記事も読まれています